--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.02.01 (Sun)

作り方を・・・・ 

先日のピンクッションの作り方をアップしようと思います。

友達が、気にしてくれていたのが 嬉しくって頑張ってしまいました。

まず、材料から
1、板 (100均のティープレートを用意しました。)
  ホームセンターや自宅にある木をカットしてもいいと思います。

2、画像にないですが、100均の楊子入れ
  
3、糸立てように、丸棒

4、白い器(ココットでもいいと思います)

5、ピンクッションの布・厚紙・綿・綿レース

6、指貫の座布団ようの布とキルト綿

7、フェルト


DSCF0811.jpg
指貫用の座布団を作ります。

厚紙で絞って片方にはキルト綿を入れます。

DSCF0813(1).jpg

二つを合わせて縫います。


DSCF0815(1).jpg

そして 器に入れるとこんな感じになります。
私は、キルティングしてませんが、キルティングした方が好きな方は
キルティングしてくださいね。


DSCF0816(1).jpg


次は、ピンクッションの作り方です。

布の端から4ミリほど入ったところを 4ミリ間隔くらいでぐし縫いしてください。
DSCF0817(1).jpg

ぐし縫いが出来たら 綿を入れて
綿の上に厚紙を置きます。

厚紙を置いたら 糸を引きます。

厚紙を入れることで 球体のようにならず
球体を半分にしたような形になります。

※この時、ぐし縫いはキルティングする時のような
 強い糸を2本どりでするといいと思います。

DSCF0818(1).jpg


巾の小さい綿レースをつけます。
これをボンドで留めれば完成です。

DSCF0819(1).jpg


丸棒を瞬間接着剤でつけます。

DSCF0823(1).jpg

次は、ハサミいれです。

爪楊枝の入れ物を用意します。

ハサミの先を傷めないために、底にフェルトでクッションを作ります。

私は、底に3枚敷きました。

そして、周りにもクッション代わりになるように 筒型の物も作りました。

DSCF0821(1).jpg

これを楊子入れに入れるだけです。

DSCF0822(1).jpg


後は、板(ティープレート)を裏にして 接着剤で自分の好みの配置でつけるだけです。

鉛筆立ては、楊子入れのフタを利用してます。


楊子入れを買い忘れてしまったので 全体の完成までいきませんでしたが
先日の完成したものが → です。

安いし簡単なので 作ってみてくださいね~~~~









スポンサーサイト

テーマ : パッチワーク - ジャンル : 趣味・実用

EDIT |  16:29 |  作品  | Top↑
 | HOME | 

プロフィール

最近の記事+コメント

リンク

カテゴリー

カレンダー

FC2カウンター

FC2カウンター

メールフォーム

ブログ内検索

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。